高層ビル

人生でベスト3に入るであろう大きな買い物

理想のマイホームを購入することは私にとっては今の目標であり昔からの夢です。
数年前まではよく注文住宅の雑誌やインテリア関連の本を読んでは、将来は戸建てがいいな…と思っていたのですが、最近はとても素敵なマンションが沢山建っていますよね。
結婚後もばりばり働いていたい私…将来の理想のライフスタイルを考えると出来るだけ駅近、欲を言えば駅直結型のマンションの購入がベストかな…などと前向きにマンション購入に向けて検討中の私です。
昨年結婚し新生活をスタート、まずは賃貸物件に住んでマイホーム購入のために貯蓄をしようということになったのですがその後すぐに妊娠していることが発覚。
もうすぐ家族が増えるということも後押ししてより一層、マイホーム購入に対する憧れが増しました。
賃貸物件は、何か設備に不具合が出ればすぐに大家さんが対応してくれますし、引っ越さなくてはいけないタイミングですぐに身動きが出来るところはとても魅力的だと思います。
実際、このメリットのおかげで助けられたエピソードも多々あります。
ただ、万が一のことがあった時、資産にはならないんですよね…そこは賃貸物件のネックだと思っています。
理想の住まいへの憧れがとても強い私ですが、人生の中でベスト3に入るであろう大きな買い物なので満足のいくまで物件を吟味していきたいなと思います。

人生どこかのタイミングで人は必ず住まいを探すことになります。そこで一大テーマとなるのが住宅を買うほうが得か、借りるほうが得か、という問題です。
ここではマンションに絞って考えてみることにします。よく、住宅販売業者が口にするのは「同じ金額を払うのなら、後に資産として残るほうがいいでしょう」という誘い文句です。しかしマンションは物件の質やエリア、間取り、デザインなどによって購入してから数年後の転売価格にバラツキがあります。購入後10年で中古市場での相場が半値ほどになる例も多々見受けられます。資産として残る、とはいうものの30~40年住んだ後は耐用年数も残りわずかで売るに売れない物件になっているかもしれません。こうなれば資産価値自体はあまりあてにならないでしょう。ですが、生涯住み続けるのであればローン完済後は管理費や修繕維持費のみのランニングコストで済むので賢い選択肢です。
一方賃貸マンションは毎月家賃や共益費を払わなければならない反面、仕事の都合等で引っ越しを余儀なくされた場合等は大変小回りが利きます。また、色んな場所に住んでみたいという人にも向いているかもしれませんね。最近では賃貸といえど分譲並みのデザイン・機能性を備えた物件も多くみられるので、しばらく住んだ後に新しいお洒落なマンションに引っ越すといったライフスタイルも可能になります。ただし、一生家賃を払い続けなければならないのは避けられません。
分譲、賃貸ともにメリット・デメリットがあるわけで一概にどちらがいいとは言えませんが、自分の人生設計をよく考えて決断するのが最も良い選択肢ではないでしょうか。

ピックアップ

本当に快適な住まいとは

私は、結婚前の30歳のときに、分譲マンションを購入。その時は、もしかしたらこのまま一人かもしれないと思い、とりあえず実家に近く仕事…

もっと読む

マンション幻想

実家が田舎の一戸建てのため、都会的なイメージのあるマンションに憧れていました。 働いてお金を貯め、マンションを購入して暮ら…

もっと読む

ニュース

2017/08/21
シェアハウスの恋人を更新しました。
2017/08/21
賃貸マンションを更新しました。
2017/08/21
マンション幻想を更新しました。
2017/08/21
本当に快適な住まいとはを更新しました。